ゴルフスイングの可動域が狭くなっている

47歳男性 会社員の方からの質問

年齢とともに体が硬くなりつつあることを自覚しています。
特にゴルフをするときのスイング、腰が縦方向にも横方向にも可動域が狭くなっているどころか、無理に動かすと痛みが発生するほどです。
体幹を鍛えれば良いと思うのですがどのようにすれば鍛えることができるでしょうか。

回答

体幹の筋肉を鍛えるというお考えも非常に素晴らしいと思います。
でも、お話を伺う限りでは体の可動域が狭くなっていいることが一番の問題と思われます。

狭い可動域では筋肉の働きも不充分で出力が小さくなります。
また、大きな出力を出そうとすると、
骨や関節に大きな負担がかかります。

まずは、持続的にストレッチ、柔軟体操を行い、可動域の広い 足腰を獲得してあげてください。
そして体幹の筋肉を鍛えブレない体づくり。アウターマッスルを鍛え大きな出力をだせる
体づくり

段階を追って問題を解決してあげると良いと思います。

これからのゴルフライフをより楽しく素晴らしいものにしていただければと思います。

関連記事

  1. 最近は首の一番上あたりが段々と痛んできています。

  2. 腰痛になる原因は

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。